もっと暖気に生きてみませんか?

宇宙のルールに基づき、世の中の「今」をみてみよう。きっと答えがみつかります。

「師」は、どこにでも「ある・いる。」

「一生は様々な体験と学びの連続である。」ということはお分かりいただけると思いますがわたしたちの人生の「学び」のためには「師」との出会いが欠かせません。そしてこの「師」という言葉の意味をちょっと調べてみますと師とはデジタル大辞泉の解説では1 学問・技芸を教授する人。師匠。先生。「師の教え」2 僧・神父・牧師などを敬っていう語。3 中国、周代の軍制で、5旅(りょ)すなわち2500人の称。転じて、軍隊。技術・技芸...

Read More

「10年後の仕事図鑑」 理論番外編

僕は未来のことを考えるのが嫌いだ。未来を想像したところでその通りに実現することなんてありえない。未来を想像して怯えるなんて暇人のやることだし今を懸命に生きることが大事だと思っている。しかし世の中の多くの人はAIに仕事を奪われることを肯定できないらしい。AIが単純労働を代替し、人間が好きなことだけをやって自由に生きられることを想像できないようだ。でもよく考えてみてほしい。一度きりの人生に不安を持ち込むこ...

Read More

世の中を樂しく生きる。

「この世」といいますのは、お分かりの通り相対的世界であり、絶対的な「善」もなければ、絶対的な「悪」もありませんし善悪の間の中に、いろんなものや考え方ががひしめいているといえます。さらに今の世の中を見てみますとまだまだ、これまでの古い時代の「戦って、勝利しろ」という思想が政治経済の世界から学校から、日常生活に至るまで深く深く浸透しているため人間の本質的価値は、霊性にこそあると気づき始めた方真面目で純...

Read More

「瞬間の連続」が一生を左右している。

わたしたちの人生は日々が選択の連続です。そして瞬間×2で、常にに何らかの選択をしていますがその数限りなくある選択を繋いだ軌跡が、結果的にその人の一生となります。では、この動かしがたい事実を、いったいどれだけの人が意識しながらいつも過ごしているでしょう?皆さんはいかがですか?しかし、わたしたちの一生に比べてみますと、目の前の一瞬など別に取るに足らないものに思える方もおられるかもしれません。しかし、前回...

Read More

自分で蒔いた種は、自分で刈り取る。

前回の記事の終わりで今後、安倍さんを含めた内閣の人や、今度の事件の関係者の人々が それぞれどうなるかは分かりませんが 人間社会から見れば、まんまと逃げおおせる人も中にはいるかも知れません。 しかし「宇宙のルール・法則」から逃れることは、いかなる人間にも絶対に出来ません。 「自分が撒いた種は自分が刈り取る。」これが宇宙のルール・法則であり 自由と責任ということの意味なのです。 と書きましたが今日は「自分が...

Read More

嘘つきは政治家の始まり。

今日はガラッと内容を変えて今の政治についてみてみましょう。ちょっと前から「嘘つきは政治家の始まり。」といわれるようになりましたがもし今、子どもが「政治家になりたい。」といい出したとしましたら今の政治家さんをお手本にすると「先ず、平気で嘘をつける技能を身につけること。 そして日本国の総理大臣になるためには この資質だけではどうやら不充分なようで これにさらに「恥知らず」「強弁」「すぐにカッとなる性格...

Read More

循環とは、プロセスがスムーズに流れること。

師は書籍の中で「宇宙のルール」の中の一つに「共生」という特徴がありますがこのことは、自然界をじっと観察すれば明らかです。たとえば、植物が光合成のときに作り出す酸素を動物は必要とし動物たちが呼吸を吐き出す二酸化炭素を植物は取り込みます。動物の糞は植物の栄養となり、植物のつける実が動物の糧となります。このように、私たちがいらないものを必要としている存在があり彼らが作るものを私たちはいただいているのです...

Read More

「自然に習う」という生き方。

ここ最近、あちこちで揺れているようですが自然も、地球も、宇宙も、みんな生きていると考えますと人間と同じように、ホメオスタシス(homeostasis:恒常性)を働かせるでしょうから暑くなれば冷やそうとしますし歪みが溜まれば解消しようとしますので「地震」も「火山の噴火」も「台風」も起きて当然のことだということになります。ただ、こんなことを書いたところで人間社会にどっぷり浸かっておられる方には単なる戯言にしか聞...

Read More

「幸せ」とは、今この瞬間に感じる心のあり方です。

「生きる。」ということは、過去や未来に縛られることではなく今この瞬間の現実を体験することです。私たちにとっての現実とは「今この瞬間」にしか存在しません。 過去は記憶の中ですし 未来は想像の世界です。 つまり、どちらも思考の世界であるということはお分かりでしょう。そして わたしたちは、どんな瞬間でも「樂しむか、樂しまないか」を選択することができますし瞬間瞬間を樂しむか樂しまないかはわたしたちの意志によ...

Read More

自分が変われば世界が変わる。

ご存知の方もおられると思いますが心理学の中心的な概念である「投影」。この「投影」といいますのは「自分のフィルターを通して世界を見ている。」という考え方です。そもそもは「自分の心の中にあるものを外の世界に映し出している。」ということで「投影」という名前にになったのだと思いますがそこから「自分が見たいように世界を見ている」。という風に言う事もできますし「世界は私が創っている。」という言い方もできます。...

Read More

「ボーッとする時間」の大切さ

最近やたらと多いのが、慢性的に脳が疲れている状態の人。ボーッとして疲れを取ったほうがよい ときでもスマートフォンをつい見てしまったり「そういえばあの仕事どうなったかな」「明日は何をしなければいけないんだっけ」 「よし、今月のスケジュールを立てよう!!」 などと考えてしまい心身が休まる暇はないようですがそんな方にこそ必要なのが「ボーッとする時間」です。この記事は以前にも書きましたが、今のわたしたちに...

Read More

秀才から天才へ・・・

いま最も世界を震撼させているスポーツ選手の一人といえば皆さんもご存知の通り「大谷正平君」の名前が挙げられます。米スポーツメディアのデッドスピンドットコムは「彼はこの地球の人間ではない。」と感嘆した。「凄過ぎる、彼は本当に人間なのか!?」「彼はオープン戦で振るわなかったが、常にポジティブな姿だった。 クラブハウスでも消極的にならず チームメートと楽しく過ごしているのがメジャーリーグでの成功要因。」「...

Read More

全人類「下戸」時代到来へ

今日は久々にお休みしようと思っていましたが「遺伝子の変化は人類を下戸にするかもしれない。」という面白い記事を目にしましたので少しだけ書いておきます。ヒトは「酒に弱くなる」ように進化中であることがゲノム解析で判明! 「酒離れ」は必然、全人類「下戸」時代到来へ(最新研究)時代の転換期である今、わたしたちはいまだ進化の途上にありますがつい最近「人類はアルコールへの耐性を失いつつあるかもしれない。」という...

Read More

「かもしれない思考」を身につける。

人は往々にして「頑なな人」は多くの人に嫌われます。ところがその一方「柔軟な人」はみんなに好かれるものです。ですから多くの人は「柔軟な人」を目指そうとしているわけですが突然「柔軟な人になりなさい」といわれてもなにをどうすればいいのか分かりません。そこで今回おすすめしたいのが「かもしれない思考」です。「かもしれない思考」わたしたちは「これが正しい。」と思ってしまいますとそれ以外のものを受け入れづらくな...

Read More

『日本再興戦略』

今の世の中を見まわしてみますと「出世して、自分の給料で車を買って、家を買うのが当たり前」と思っている大人もいれば「1社でだけ働くってなんで?車買わなくてもUber呼べばよくない?」「家買わなくてもシェアハウスで生活すればよくない?」と考えている最近の新卒の価値観もあり確かに世代間の価値観のギャップがあるなと日々感じます。さらに「Youtuberがオープンに私生活をさらけ出してて気持ち悪い。」とか「SNSで自分の生...

Read More

「肯定的錯覚」と「否定的錯覚」

今も昔も変わらないことですがまだまだ 「ものごとがうまく運ばない。思い通りにならない。」 と嘆いている人が多いようです。そして、そんな人々に共通している原因は「うまくいかないことを他人や環境のせいにしている。」 ということであり、このような考え方を「他 責」といいます。この「他 責」の人は何でも人のせいにすることで前向きな思考・行動を放棄し、事態を改善することができません し無意識のうちに責任転嫁...

Read More

這えば立て、立てば歩めの親心

昨日・今日と入学式が行われる学校が多いようですが少し前の話題になりました高級ブランド「アルマーニ」の制服を導入する東京・銀座の泰明小学校の周辺では20人の警察官による異例の警戒態勢を取るようです。入学式早々何ともお騒がせな出来事ですが主役の子供たちはアルマーニだろうがカンコー学生服だろうがどっちでも構わないのでは?と思うのですがいかがでしょう?「這えば立て、立てば歩めの親心」これはご存知の通り「我が子...

Read More

高学歴に高収入は幸せではない!?

今日はまず、以下の記述をお読みください。「本物の自由や幸せを手に入れるには?」「高学歴に高収入…男は幸せではない!?」先日、山手線に乗ったときに、車内広告をじっくり見てみた。英会話、マンション、婚活、予備校、転職、ローン…所狭しと並べられた広告に囲まれた車内は空間としてものすごく圧迫感があるし、息苦しかった。これを全部手に入れないと幸せになれないのか。毎日、こんなものに囲まれていたら気が滅入るのもよ...

Read More

若者から学ぶこれからの生き方

どうやら今年は各地で春の訪れが早くまれにみる暖かさとなっているようですが札幌では、3月28日に最高気温が16.4度と明治24年3月28日の16.8度に次ぐ3月の記録のようでここまで上がったのは127年ぶりとのことです。 そして、名古屋で3月28日に最高気温が25.1度、29日に25.3度と夏日が3月に2日連続したのは、明治23年7月の観測開始以来の128年間で初めてのできごととのこと。さらに、京都で3月28日に最高気温が25.5度となって夏日に...

Read More

「幸せになろう!!」なんて思わないこと。

「幸せというものは、一人ひとり、かたちが違うものです。 あなたにとっての幸せが、隣の人にとっての幸せであるとはかぎりません。 あなたが自分自身の幸せを見つけることが、何よりも大切なのです。 さらにつけ加えるならば、「幸せ」とは、単にものの考え方のことではありません。 現実の生活が変わらなければ何の意味もありません。  心が安らぎに満ち、体も健康で長生きし、だれとでもよい人間関係をもち 豊かでほしい...

Read More

すべてに意味があると考える。

今日書かせて頂くことは、理解し難いと思われるかもしれません。ですから、ご自身のご判断でお読みください。ただ、人生を有意義なものにしたいと思われておられるなら是非ご自身の直感で理解するよう努めてみてください。そして、ここで「努めてみてください。」と言う言葉を使いましたのは理解するよう努めてみなければ自らに降りかかる、または降りかかっている精心の領域での・・・不幸(様々な心配・不安)肉体の領域での・・...

Read More

新しい月の始まりです。

さてさて早いもので今年も4月に入りました。そして今日1日は、日本を含め一部の国では会計年度・学校年度の初日でもあり政府機関、企業などで多くの制度の変更、新設、発足が行われたり異動や新入学などなど、新しい方向へと変化が起こる始まりです。そして1日といえばもう一つの話題は「エイプリルフール」ですがこれまでの時代の「嘘・ごまかし・破壊・苦しめる。」という社会のルールからみてみますと嘘をついて上手くごまかし...

Read More

自分・人間の愚かさに気づく。

人間という動物は、万物の霊長とかもっとも進化した生物といった大それたものではありません。なぜなら、これまでの時代の歴史を顧みればお分かりになりますように人間は、自分の慾や快楽を満たすために自然や他者を「浪費」することを厭わない存在だからです。そして、それを領導する人たち(支配層)は多数派である庶民にそのようなこと(とくに犠牲になるようなこと)を悪だと指弾されないよう、狡猾な説明や嘘で誤魔化しときに...

Read More

心と対話する、自分自身と対話する。

今回は予告通り「心を強くする。」=マインドタフネスの4つの要素の中から「自分自身と対話する。」というテーマで書いてみます。ほんの少しの時間でいいのです。人は何か嫌な出来事がありますと、周りにひたすら愚痴を言ったり無理やり別のことをして気を紛らわせたりしがちです。そしてそれで気持ちがスッキリする場合は結構ですがモヤモヤを抱えながら毎日過ごしている人も多いのではないでしょうか?例えば「自分と向き合って...

Read More

「心の強さ」=メンタルタフネス

何を今さらって感じですが平昌五輪、男子フィギュアスケートで2連覇を達成した羽生結弦くん。どうやら個人で最年少となる国民栄誉賞の授与も検討されているようですが彼らのような卓越した能力を持つ若者やアスリートに共通しているのが「心の強さ」=メンタルタフネスです。今日のテーマはこの「心の強さ」=メンタルタフネスについて書くのですが実はこの中で最も大切なのが「自分との対話」でありメンタルタフネスを身につける...

Read More

幸福のパラダイムシフト

今日は、最初に以下をお読みになってください。 師の書籍の はじめに から抜粋。幸せというものは、一人ひとり、かたちが違うものです。あなたにとっての幸せが、隣の人にとっての幸せであるとはかぎりません。あなたが自分自身の幸せを見つけることが、何よりも大切なのです。この本は、そのためのヒントには、なるかもしれません。さらにつけ加えるならば、この本でいう「幸せ」とは単にものの考え方のことではありません。現...

Read More

理論番外編「シンギュラリティ」を考える。

皆さんもお分かりの通り明日何が起こるか、一週間後何が起こるか一か月後、一年後、十年後などなど……わたしたちには確実な未来を知ることは不可能ですが人間がつくる社会につきましては過去から現在までの流れを読み解ければ自然と現在が未来に向けてどのような動きをしているのかが分かります。そして今多くの専門家の方々が語るこれからの人間社会について書きますと2020年代は、AI(人工知能)が人間の知性を超え2045年には科学...

Read More

簡単にできる「心のエクササイズ」

私たちの人生は、毎日が小さな体験による学びの連続です。そして誰もが幸せを求め、この世に生きる意味を問いながら人生の曲がりくねった道をひたすらに前へと歩み人それぞれの旅を続けています。しかし、その道のりは、晴天ばかりではありません。時に、悲しみや理不尽に襲われたり怒りや辛さに震えたりすることもあるでしょうがそんなふうに感じてしまうとき、いちばん大切なのはその辛さ、苦しさ、悲しさの波に飲み込まれないよ...

Read More

理論番外編「立ち直る力」

今日は最初に以下をお読みください。人間は、ふいに予期せぬ出来事に襲われることがあります。その時、人は右往左往しますが、辛つらい悲しい出来事に見舞われた時に「そこに何か意味があるに違いない。」と思えるかどうかで困難を乗り越える速度がかわってきます。「人間とはなんだろう。」と常に自問し探求しながら生きていると自分に降りかかるすべての事象に対してそれが予防、あるいは訓練となります。何も考えずに生きている...

Read More

あなたの権威・権力度

早速ですが今日は最初に以下の問いについてご自身で答えを出してみて下さい。1. 親子関係はもちろん  先輩後輩などの上下のけじめはつけるべきだ と思いますか?2.今の若者にはもっと規律が必要だ と思いますか?3.自分たちの名誉が侮辱されることは、我慢できない と思ってますか?4.不道徳な人を排除できれば、多くの社会問題が解決するだろう と思いますか?さていかがでしょう。きっと同意できるものもあれば「私は...

Read More

「ゆっくり」を意識する。

皆さんは朝寝坊して、いつもより遅く起きてしまい「急がなきゃ!」 と身支度を急いでバタバタとしたのに、いつもよりも時間が掛かった。という経験はありませんか?急いでいるのになぜいつも以上に時間を要してしまうのでしょうか?実は、そのキーワードは 「ゆっくり」 にあります。今日はこの 「ゆっくり」 について再度書いてみます。「ゆっくり」を意識する 「一瞬で人生を変える鍵」それはずばり 「ゆっくりすること」 だ...

Read More