FC2ブログ

もっと暖気に生きてみませんか?

宇宙のルールに基づき、世の中の「今」をみてみよう。きっと答えがみつかります。

誰にでも必ずある「衰運期」

021_kodomo2.jpg

このブログでは「人生は、結局のところ体験がすべて」と書いていますが
わたしたちが生きている限り、様々な体験をし続けている限り
時には「ものごとが、自分にとって上手く廻っている。」という体験や
その反対に「ものごとが、上手く廻らない。」という体験もあります。

今回は「ものごとが、上手く廻らない。」という体験にスポットを当てて
書いてみようと思いますので、参考にしていただければと思いますが
もしこれをお読みの皆さんの中に
今、上手く廻らないとか、廻っていないなぁと感じる方がいらっしゃいましたら
そういう時には、あまり深刻にならずに、事実は事実として受け止め
そこにどんなメッセージが隠れているかを考え、探り出してみることが大切ですので
まず最初にこのことをしっかり頭の中に入れておいてください。


7ca22caf239b98827c858cf98c1cf77e_s.jpg

上手く廻らなくなる3つの理由

そして、上手く廻らないことの理由として、一つには
その人の行動が宇宙のルール・法則に反しているという場合があります。
宇宙のルール・法則の基本中の基本は、全てが「一つ」ということであり
このことから「他者にしたことは自分にしたことと同じ。」という法則が導かれるのですが
他者を傷つければ、やがては自分を傷つけることになりますし
利己的な行動を取れば、反作用としての孤立化が待っています。
ですから、物事が上手く廻らないという状態は
こうした行動の警告として現れている場合があります。

さらに、二つ目には、わたしたちのエネルギーのサイクルが
冬ごもり=休み=少しゆっくりするという時期に入っていることが挙げられます。
皆さんの中には、過去に、占いをして貰った経験がたぶんお有りだろうと思いますが
どのような占術も、年運、月運、日運、時運、それぞれにサイクルがある。
ということことを指摘していますので、このことはお分かりいただけると思います。

そして、この冬ごもりの時期を、俗に、衰運期、衰退期、下降期と言ったりしますが
文字通りには捉えないようにしてください。
一年のサイクルに、春夏秋冬があるのは当たり前ですし「これは自然のサイクル」です。
また、時計の文字盤をご覧ください。
針が回転すれば、上昇と下降を繰り返すのは当たり前のことです。


0292e911.jpg

また、宇宙は大きなものから小さなものまですべて循環運動をしていますから
わたしたちの身の上にもサイクルがあるのはごく自然なことですし
わたしたちに冬ごもりの時期があるのは「わたしたちが宇宙の一員である。」
ということの証明であり、それはただ、循環の中の一局面に過ぎないのです。

つまり、衰運期とか下降期とは捉えずに
「冬ごもり時期=休み=ゆっくりする」と捉えた方がよいわけは
冬には冬の意味がありそれをよく考えることで、対処法が明確になるからです。

よーく自然をご覧になってみてください。
冬は、春の芽吹きの準備期間であり、世代交代が図られていることがお解りでしょう。
ですから、自然の一部であるわたしたち人間もそのようにするとよいのです。
そして、具体的には、新たなスキルを身につけるなどの
学習期に当てていただければいいのではないかと思います。


2826784-orig_1_orig.jpg

そして、最後に三つ目の理由として、これと関連していますが
物事が上手く廻らなくなったのには、人生上の転換期を示唆している可能性がある。
ということがいえると思います。
今まで続いていた仕事を切られた。お客が減って商売が立ち行かなくなった。
リストラにあった等々。これらの事態はショックを伴いますが
ご自分でも、今の仕事に、以前のような情熱を持てなくなった
といったことはないでしょうか?

それは、「魂」の世界からいいますと、そこでの体験はもう充分だというサインです。
そして、転換を促すように、天の計らいによって、物事が上手く廻らなくなります。
なぜなら、上手く廻らなくなれば、人は、何とかしようと考えるからです。
ですから、ここで変化を怖がり、これまでの状況にしがみつこうとしてはなりません。

それでは、その後のあなたの人生は、まるで牢獄に居るようなものになってしまいます。
そして「生きていくためには、我慢しなければならないんだ」という発想は捨てるべきです。
「魂」は、いつもワクワクする体験を求めているということを忘れないでください。
自分が樂しいと思えること、嬉しいと思えること、創造性を掻き立てられることへと
是非これを機に方向転換して行ってください。

そしていきいきと活躍している自分の姿をしっかりイメージして
今できる小さな一歩を踏み出してください。
もしかしますと、人生転換には数年掛かり、その間は忍耐が必要かも知れませんが
ここでご理解いただきたいことは、忍耐と我慢は違うということです。
我慢はしたくないことをすること。
忍耐はしたいことの実現のために途中を歩むこと。
このことをしっかりと認識したうえで
大変な体験とお感じになられる時があるかも知れませんが
その大変さをも樂しんで、自分を信じて、ワクワクする体験に身を投じてください。


shutterstock_334070801-1024x683.jpg

前回も書きました通り
「幸福」といいますのは、何かの必要条件が満たされることで得られるのではありません。
あなたの「心」がハッピーだと感じている時が、すなわち「幸福」なのです。
ですからこのこともお忘れにならず
樂しく楽に、しっかりとその体験を味わっていただければと思います。

それでは今日はこの辺で・・・・・


ご協力を・・・   


さあ、今日も暖気に生きていこう~~~~~