FC2ブログ

もっと暖気に生きてみませんか?

宇宙のルールに基づき、世の中の「今」をみてみよう。きっと答えがみつかります。

「素直さ」とは「変化を恐れない。」ということ

28174008793.jpg

これまでも何度か「素直さ」が何よりも大切だと書いて来ましたが
なぜ「素直さ」が大切なのかをもう一度書いておきますと
それは
『「素直さ」がない人には「気づき」が起こりようがなく、よって魂の「成長」も覚つかない。』
といえるからです。

そして、絶対に間違ってはいけないことは
『「素直」であるということは、誰かの意見に言いなりになる。』
ことではないということです。
本当の「素直さ」とは『自分の「自由度」を、高く保つ』ということですし
「自由度」が高い状態ともいえますので
扉が四方八方に解放され、どんな意見に対しても耳を傾けることが出来る。
ということも覚えておいてください。

つまり、「素直さ」を持った人とは、自分を変えることにやぶさかでない人
自分を変える勇気を持っている人、自分を変えることに積極的な人
自分を変えることを楽しみに出来る人、であるといえると思います。


main.jpg

ところが、「素直さ」のない人といいますのは
「自分を変えたら、自分が自分で無くなる。」と思っておられる方が多く
「それがとても怖い。」と思われておられますので
どうしても無意識のうちに、自分の周囲に塀を作り、扉を固く閉ざしてしまいます。

そして、それまでに確立した自分の判断基準に従い
周囲の物事を切って捨てる。そうすることが賢い態度だと思い込んでいるともいえますが
そのような判断基準は「その人のわずかな体験から導き出した、ごくごく狭量なもの。」
にしか過ぎませんので、とっとと手放した方が得策です。

さらに、今の人間社会の中では、よく「ぶれる・ぶれない」ということが問題になります。
国会の中でも、それが論戦の的になることがよくありますし
そこでは「ぶれないこと」が良いこととされているのですが
これほどバカげた論争もありません。

よ~く自然界を見渡してみましょう。
1分1秒たりとも、変化しないものは何一つありません。
つまり、何事も、変化することが当たり前だということです。
そしてこれを仏教では「無常(常なるものは何もない)」といいましたが
これは間違いなく真理の法則だと思います。
にもかかわらず、何と情けない、愚かなことでしょう。
大の大人が「ぶれた、ぶれた」といい「変化すること」を他者の攻撃材料にしているのですから
全くおかしな話だとは思われませんでしょうか?


o0906067114132409142.png

『万物は、変化の途上を歩いている存在である。』これが真理です。
そしてそれを妨げることは何人(なんぴと)にも出来ませんし
人も変化するものなのです。
ですからここで大切なことはその「変化の方向」です。
つまりそれは魂の向上に向かって変化し続けているか、ということです。

そして、自分の意見を曲げない人や頑固な人は、真理の法則に逆らっている。
ということを覚えておいて下さい。
そしてその原因は「変化が怖い。」ということ。変化する勇気がないからだといえます。
お解りいただけますでしょうか?

ですから 
「素直さ」を持った人とは、真理に明るく、勇気のある人だということなのです。
変化を恐れず、どんな変化が起こるか樂しみにできる自分になりたいものですね。

それでは今日はこの辺で・・・・・


ご協力を・・・   


さあ、今日も暖気に生きていこう~~~~~